1. TOP
  2. ダイエット成功の決め手はデトックス力!痩せる体質の作り方5つ

ダイエット成功の決め手はデトックス力!痩せる体質の作り方5つ

 2016/03/08 続けられる食事術 この記事は約 5 分で読めます。 23 Views

「同じものを食べているのに、なぜあの人は太らないの?」「体質は生まれつきだから、もう変えられないよね……」

このように諦めていませんか?

体質は今からでも変えることができます。

その決め手はデトックス力を高めること。

デトックスというと数日間食事制限をしたり、特殊なドリンクが必要と思われがちですが必要ありません。

普段の生活習慣やスーパーで売っているものを取り入れるだけで、痩せる体質に変えることができます。

実際にコーチングサポートを受けられたお客様には、

  • 排便が4日以上でないことがほとんどだったのに、毎日必ず出るようになった
  • 運動しても汗をかかなかったのに、1ヶ月で歩くだけでも汗をかくようになった

という成果が得られています。

あなたも取り組んでみませんか?

1.体内リズムを整える

起きる時間と食事の時間を整えることで、デトックス力を高めることができます。

1-1.起きる時間を整える

起きると同時に体内リズムがリセットされ、1日の代謝が始まります。

起きる時間がズレれば代謝のリズムもズレてしまい、効率よく代謝ができない可能性があります。

まずは起きる時間から整えましょう。

1-2.朝の時間はデトックスタイム

朝の時間は24時間で唯一のデトックスの時間。

睡眠中の新陳代謝によって不要となった老廃物や毒素を排出する時間です。

ただし1つだけ注意点があります。

フルーツや水以外のもの食べるとカラダは消化をしなければならなくなるため、デトックスはできません。

水分たっぷりのフルーツと常温水を飲むようにしましょう。

1-3.食事の時間を整える

食事は空腹を感じているときに摂りましょう。

消化力が高まり、一番効率よく消化できるタイミングだからです。

反対に空腹になっていない状態で食べると、前回の食事がまだ胃の中に残っているという証拠。

消化の妨げになる可能性があり、消化の効率が悪化します。

2.酵素で代謝力を整える

 

体内にこびり付いた「老廃物」や「有害毒素(将来病気になりうる物質)」をデトックスするためには、「酵素の力」が必要です。

酵素には次の2つがあります。

  • カラダの代謝をあげる「代謝酵素」
  • 食べものを消化する「消化酵素」

デトックス効果を高めるには「代謝酵素」を高め、「消化酵素」を最小限に抑える必要があります。

消化酵素を最小限にするには、“フルーツや生野菜に含まれている「食物酵素」”を摂ること。

「食物酵素」は、自らで自己消化する機能があると同時に、タンパク質や炭水化物を消化する力をもっています。

食物酵素をたっぷり摂っていれば余分な消化酵素を使わずに済むため、代謝酵素を高めてデトックス効果を発揮することができます。

午前中はフルーツのみ、午後の食事は生野菜サラダから食べ始めるようにしましょう。

3.排便力を整える

食べ物で使い古した栄養素は、老廃物となって腸に溜まります。

これをデトックスするためには、腸内環境を整えて「排便力」を高めることが大切です。

ポイントは次の2つです。

 

3-1.美腸をつくる

毎日決まった時間に排便がなければ、腸内環境が崩れている可能性があります。

整えるためには、“排出力を高める「不溶性食物繊維」”を摂りましょう。

不溶性食物繊維は腸内で水分を吸収すると膨張して、腸内にこびりついた便をクレンジングしてくれる作用があります。

腸の動きがよくなり、便の排出速度を高めることができます。

3-2.腸内細菌を育てる

代謝力をあげるのは、腸内細菌なくしては不可能というぐらいの力をもっています。

腸内細菌が育つ食材は以下の3つ

  • 水溶性食物繊維
  • 植物性乳酸菌
  • オリゴ糖

4.排尿力と発汗力を整える

尿と汗からは他ではデトックスできない老廃物を排出することができます。

人間にとってとても大切な2つの働きです。

4-1.尿から「体内毒素」をデトックス

「体内毒素」とは、体内で自然とできる老廃物のことで、疲労物質の乳酸・尿素・尿酸・アンモニア・硫化水素・インドール(腸内ガス)などが含まれます。

体内毒素は血液中を周り、腎臓で濾過され尿として排泄されます。

カラダの水分量が不足すると腎臓で濾過される量が少なくなるため、体内毒素がデトックスができない状態に。

しっかりと水分(お茶やコーヒーなどはNG)を摂りましょう。

4-2.汗から「体外毒素」をデトックス

「体外毒素」とは、食べ物に含まれてる有害金属のことで、特に魚の水銀をはじめアルミニウムやカドミウムなども含まれています。

体外毒素は汗腺から汗として排出されます。

汗を流すために激しい運動をする必要はありません。

カラダ本来の代謝力をあげることは必要ですが、入浴で湯船にしっかり浸かる・睡眠時間を確保する・岩盤浴に行くなどでも効果があります。

5.睡眠力で新陳代謝を整える

睡眠中の新陳代謝によって、老廃物や毒素をデトックスするための準備が行われます。

5-1.最適な時間帯

一般的に22時から深夜2時まではゴールデンタイムと言われており、もっとも新陳代謝が高まる時間と言われています(ただし起床時間や寝る直前の過ごし方によって異なる)。

5-2.最適な睡眠時間

6~7時間がもっとも新陳代謝が高まると言われています。
ただしこれも個人差がありますので、あなたにとって最適な睡眠時間を確保してくださいね。

すっきり目覚められる睡眠時間だけを確保しましょう。

5-3.睡眠の質をあげるために

寝る前の過ごし方がとても重要です。

スマホやテレビなどのブルーライト、思考を使う考え事、興奮するような作業などを避け、できるだけリラックスしましょう。

おわりに|体質は気づかないところで変化する

「短期間で体質が変わる!」といった商品が売られていますが、短期間で体質は変わりません。

その商品を1ヶ月以上続ければ何らかの変化は得られると思いますが、その商品を買い続けなければ元通りに戻ってしまうでしょう。

本当に痩せる体質を作りたいのであれば、「普段からできること」「近所のスーパーで買えるもの」で始めましょう。

カラダは必ずと今よりも良い状態に生まれ変わります。

1歩ずつ楽しみながら取り入れてくださいね^^

\ SNSでシェアしよう! /

リザルトダイエット|もうリバウンドしたくない人のためのサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

リザルトダイエット|もうリバウンドしたくない人のためのサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コーチ紹介 コーチ一覧

森本 雄太

森本 雄太

看護師、リバウンドゼロの専門家。看護師時代にストレスによる生活習慣の乱れから激太り。「メタボなおっさんになりたくない!」という一心でダイエットを開始。総額100万円分のダイエットを試すが挫折。「リバウンドするダイエットは意味がない」と気づき、試行錯誤のすえ、2ヶ月で10キロのダイエットに成功。現在は、カラダの仕組みと個々のライフスタイルを重視したダイエットプログラムを提供している。

この記事と一緒によく読まれる記事  記事一覧

  • NO IMAGE

    ダイエットにはよくないんですが気持ちが不安定になるとたくさん食べてしまいます。

  • スーパー糖質制限をして痩せたんですが終わりどころがわかりません。どうやってやめたらいいでしょうか?

  • 年とともについた脂肪やセルライト、老廃物を取り除くにはどうしたらいいでしょうか?

  • 夜遅くに食べてしまいお菓子だけで済ませてしまうこともありやめたいです

あなたにおすすめの記事

  • 酵素で痩せる!ダイエット効果をあげる食事法の秘訣5つ

  • 便秘で体重が落ちなくなってきました。ダイエットが原因なんでしょうか?

  • 体内時計が狂う?ダイエット力を高める休日の睡眠リズム7つ

  • コンビニで買えるもので空腹を満たすにはどんなものを食べればいいですか?

  • 変な食生活で夜は大量のお菓子を食べて寝ています。やめたいのですがストレスで食べてしまいます

  • ダイエット中に飲む豆乳は無調整豆乳と調製豆乳のどちらがおすすめですか?

Top