1. TOP
  2. 体脂肪を落とす8つの食材と3つの食事法

体脂肪を落とす8つの食材と3つの食事法

 2015/04/03 続けられる食事術 この記事は約 6 分で読めます。 42,189 Views

ダイエットといえばカロリーを調整して、太らないようにすることも必要ですが、太ってしまったカラダの脂肪を落とすことも必要です。

しかし運動でカロリーを消費しようと思っても微々たるもの。

ランニング30分で、ご飯1杯分の約200カロリーしか消費できません。

運動でも落としにくい体脂肪を、普段の食べるものや食生活を変えるだけで、スムーズに落とせたらどうでしょう?

今回は、体脂肪を落とすために効率のよい食材と食事法をご紹介します。

目次|

1.体脂肪を落とす食材

1-1.とうがらし

56652dbb5616b114e3561f2a0cda08ce_s

とうがらしの辛味成分(カプサイシン)には、体内の燃焼効果を高めることで有名です。

しかしたくさん食べたからといって痩せるものではありません。

食べ過ぎると胃を荒らしたり、下痢や排便時に肛門が熱く感じることもあります。

「食べれば痩せる」というより、脂肪の燃焼効率を高めるため、痩せやすい体づくりに役立つと考えたほうがいいでしょう。

一度たくさん摂るよりも、野菜炒めやお味噌汁にひとつまみふりかける程度で充分。

効果を持続させることが大切ですね。

1-2.生姜

01ed8f2b9bd22f25f9b4ea14adcf3568_s

生姜の辛味成分(ジンゲロール・ショウガオール・ジンゲロン)には、新陳代謝の促進、エネルギー消費を促す作用があります。

【おすすめダイエットメニュー】
・しょうが紅茶
生姜をすりおろして紅茶に入れると、発汗作用も倍増。辛味が強くて飲みづらいときは、はちみつやオリゴ糖を加えるとおいしくなります。

・豚肉の生姜焼き
豚肉のカルチニンと生姜の辛味成分で脂肪燃焼効果アップ。定食にすると、栄養バランスもよいでオススメです。

1-3.海藻類

s_Dollarphotoclub_71002062

海藻類(わかめ、昆布、ひじき、海苔)には、ヨウ素が含まれています。

ヨウ素は交感神経の働きを促し、タンパク質や脂質・糖質などの代謝をアップさせます。

海藻類には、食物繊維が豊富に入っているので、栄養素の消化吸収を遅らせる効果と、便秘解消効果が得られます。

【おすすめダイエットメニュー】
・わかめの味噌汁
発酵食品の味噌汁に乾燥わかめを少しいれるだけで十分です。

・海藻サラダ
サラダには酵素と食物繊維がたっぷり。
海藻とあわせて食べると便通改善やデトックスに効果あり。

1-4.緑茶

s_376fb03af8886f1d67cc126d113f3e29_s

緑茶の渋み成分(カテキン)は、摂取カロリーの減少、カフェインは、消費カロリーの増加に役立ちます。

カテキンには、脂肪になりやすい炭水化物の分解を阻害する働きがあります。

その結果、血糖値の急激な上昇を抑えるので、ダイエット中に甘いものを食べるときは、緑茶と一緒に食べるのがオススメ。

カフェインは、脂肪分解酵素のリパーゼを活性化させ、カラダに付着した脂肪分を血液中に放出させる作用があり、散歩など、軽めの有酸素運動をすると効率よく燃焼してくれますよ。

ただしカフェインの摂り過ぎには注意。
・利尿作用があるので、脱水に注意。
・興奮作用があるので、寝る4時間前には飲まない。
・女性の生理期間中に飲むと、不安感や憂うつ感を引き起こしてしまう可能性がある。

【緑茶のおすすめの飲み方】
・朝、温めた緑茶でカラダを温める効果と利尿作用で老廃物を出す。
・昼、カラダ自体の代謝があがっているので、緑茶を飲んで代謝をさらに促す。
・夜、緑茶をやめて、お水に切り替える。

緑茶のメリットを活かすためにもバランスよく摂取することが大切です。

1-5.ステーキ(赤身)

181ea635178fd03f2c6b4af74bea4da8_s

赤身肉には、脂肪燃焼を促すL-カルチニンが豊富に含まれています。

これはカラダにたまっている脂肪を、エネルギーとして燃やす細胞内へ運んでくれる作用があります。

不足すると、内蔵脂肪や皮下脂肪が溜まるので太りやすい体質に。

定期的に摂取すると、脂肪がつきにくい痩せやすい体質に変わっていきます。

ステーキを食べるときは、炭水化物を抜いて、たっぷりのサラダと一緒に食べるのがおすすめです。

1-6.青魚(イワシ、サンマ、アジなど)

26401ba836ee370dc4d2411129424ef9_s

青魚には脂肪燃焼を促すEPAやDHAが豊富なのに加え、ヒスチジンという成分が食欲を抑制してくれます。

1-7.フルーツ

s_Dollarphotoclub_44755564 (1)

フルーツの酵素には、老廃物の排出作用とカラダの代謝を高める作用があります。

ビタミンやミネラル、食物繊維も豊富なのでダイエットには最適。

フルーツは熟れているものがオススメ。

バナナであれば表面に黒い点々(シュガースポット)があるもの。

柿なら柔らかく熟しているものが、酵素をたっぷり含んでいます。

他の食品と食べるときは、一番最初に食べるようにしてください。

フルーツの酵素が他の食べ物を消化してくれます。

その結果、カラダの代謝があがります。

1-8.キュウリ

c3a5a194d618ba8beb92aac1590c344b_s

キュウリのホスホリパーゼという脂肪分解酵素が、肉や魚などの脂肪分を分解します。

その結果、体内で作られる代謝酵素が増加するので、体脂肪を燃焼させる効果も高まっていきます。

毎日1~2本食べ続けて、やせ体質をつくりましょう!

2.体脂肪を落とす食事法

2-1.朝食はフルーツで体脂肪を落とす!

16aa6d646d99ae70c631f52404763520_s

午前中は老廃物や不要な脂肪を排出させる働きが活発になっています。

この働きをより高めるために、酵素をたっぷり含んだフルーツをたくさん食べましょう!

朝食に味噌汁やご飯など、しっかり食べる方もいらっしゃうと思いますが、これは逆効果。

老廃物を排出させる働きが鈍くなり、カラダに溜めやすくなります。

2-2.炭水化物を食べるなら昼食に!

太りやすい炭水化物は、昼食に食べましょう。

午後12時~15時はカラダの代謝があがり、脂肪の吸収も抑えられる時間帯なので、炭水化物を食べるのに適しています。

2-3.夕食は昼食よりも少なめに!

breakfast-21707_640

1日の終わりだから豪華にしてしまいがちな夕食ですが、昼食よりも少なめにすると太りにくくなります。

理由は夕方になるにつれ、脂肪や糖質の吸収力があがってくるからです。

緻密なカロリー計算はいりませんが、お昼よりもカロリーの少ない食事を摂ることをオススメします。

夕食のメインは野菜とタンパク質をにして、カロリーを抑えましょう。

おわりに

食材や食事の方法を変えるだけでも、体脂肪を落とせる方法がたくさんあります。

食生活は普段からできることなので、この記事を読んでできそうなところからやってみてくださいね。

食生活が変われば、必ずカラダはやせてスリムになっていきます。

\ SNSでシェアしよう! /

リザルトダイエットの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

リザルトダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コーチ紹介 コーチ一覧

森本 雄太

森本 雄太

看護師、リバウンドゼロの専門家。看護師時代にストレスによる生活習慣の乱れから激太り。「メタボなおっさんになりたくない!」という一心でダイエットを開始。総額100万円分のダイエットを試すが挫折。「リバウンドするダイエットは意味がない」と気づき、試行錯誤のすえ、2ヶ月で10キロのダイエットに成功。現在は、カラダの仕組みと個々のライフスタイルを重視したダイエットプログラムを提供している。

この投稿と一緒によく読まれる記事  記事一覧

  • 変な食生活で夜は大量のお菓子を食べて寝ています。やめたいのですがストレスで食べてしまいます

  • ダイエットで失敗した経験ありますか?どんなダイエットで失敗したかを教えてください

  • 普段から不規則な時間の仕事をしているため決まった時間に食事が摂れません。どうやったら痩せられますか?

  • NO IMAGE

    日々の仕事に疲れて自分のことや家のことが満足にできていません。どうしたらいいですか?

関連記事

  • NO IMAGE

    飲んで痩せるが正解!ダイエット効果を高める水の飲み方10選

  • NO IMAGE

    食欲の秋|食べ過ぎても太らないダイエット食材7選

  • NO IMAGE

    ダイエットクッキーは食べるな!小麦グルテンの毒性3つ

  • NO IMAGE

    1週間で便秘改善も可能!美腸ダイエットのすすめ7つ

  • 【実体験】毎月5キロずつ落とした私の食事&運動ダイエットリスト

  • NO IMAGE

    看護師が教えるダイエット|腸内フローラを育てて痩せる食品4選

Top