1. TOP
  2. 意志が弱い人の「痩せたい!」を叶えるプラン作りのコツ3つ

意志が弱い人の「痩せたい!」を叶えるプラン作りのコツ3つ

 2018/10/10 読者からの質問 この記事は約 4 分で読めます。 15 Views

ご質問内容

痩せたいんですが、意志が弱くて続きません。毎日40分のウォーキングで3キロ痩せましたが、長続きしませんでした。運動はたぶん続かないような気がします。せめて今年中に10キロは痩せたいと思っています。それまでの間だけでもいいので、意志が弱くても痩せられる方法を教えてください。

森本雄太(もりもとゆうた)

「ダイエットの罠」から抜け出して、「ブレない自分づくり」を支えるコーチ。看護師歴15年。総額100万円分の失敗と、2ヶ月で10キロのダイエットに成功した経験をもつ。リバウンド予防の視点で、カラダの仕組みと個々のライフスタイルを重視したプログラムを提供している。参加者には、主婦や独身OL、医療関係者が多い。

答え

長続きしない原因は、プランを実行するときに、なんらかのストレスや苦痛を感じていることがあります。もしかすると、「毎日40分」のウォーキングが原因だったのかもしれません。ポイントとしては、運動も食事も苦痛やストレスに感じない程度に調整してから始めるといいでしょう。ダイエットは習慣づくりなので、小さなプランから始めていくことが大切です。

意志が弱い人の「痩せたい!」を叶えるプラン作りのコツ

痩せたいのにダイエットが続けられないとおっしゃる方でも、毎日歯を磨いたり、学校や会社にいったりします。そこにダイエット成功のポイントがあります。

  • プランは簡単にできるハードルに調整する
  • 仕事や趣味など続いているものからヒントを得る
  • 繰り返して忘れないようにする

では、それぞれ説明していきます。

プランは簡単にできるハードルに調整する

ダイエットは生活習慣の一部なので、できるだけ楽に簡単にできるものから始めましょう。

そう言うと「早く痩せることができない」とか、「そんなんで痩せるの?」って言われることがあります。

でも、結局続けられなくてダイエットができなくなるくらいなら、ストレスを感じないプランからゆる~く始めるのがおすすめです。

次第に「できてる感」が感じられるようになり、次のステップに進むことができます。

たとえば、40分のウォーキングが続かないのであれば、10分や20など短い時間で始める。そして、慣れてきたら時間を長くしていくのもいいでしょう。もしくは、普段の歩き姿勢を見直して、運動の効果を高めるのもありです。

私自身、意志が弱くてダイエットが長続きせず何ども挫折してきましたが、小さなプランで始めても体重はゆっくり落ちましたし、それよりも習慣化しやすくなりました。

一度プランを作ったら、「本当に実行できるのか、続けられるのか?」をイメージしてみるといいかもしれません。

続けられるイメージがあるならやってみる。なければもう少し簡単なプランに調整してみてもいいでしょう。

もちろんやってみて「ちょっと苦痛だな」と思ったら、簡単なプランに調整するのもいいでしょう。

大切なことは続けることなので、続けられるプランづくりを心がけましょう。

仕事や趣味など続いているものからヒントを得る

仕事や趣味など不思議と続いているものはありませんか?

そこにダイエットを続けるヒントが隠されています。

たとえば、仕事なら「給料がなくなると生活ができないから仕方なしに行っている」だったり、反対に「仕事を通していろいろなことが学べるのでワクワクするから行く」。だから続けられるのかもしれません。

趣味なら「ストレス発散のために」「ただ無性にやりたくなるから」「楽しいから」などかもしれません。

このようにご自身が不思議と続けているものを探して、その理由をダイエットに応用できないか考えてみるのもおすすめです。

上の写真は、看護師時代の私です。

私は「仕事で学ぶことは将来の役に立つ」という価値観があったので、自分を磨くつもりで仕事をしてきました。

これをダイエットに応用すると「ダイエットをすれば今よりも健康になれる。身体のパフォーマンスもあがる」という感じで続けることができました。

自分の将来にメリットがあることを感じられたからこそ続けることができたんだと思います。

繰り返して忘れないようにする

プランをするしないにかかわらず、忘れないようにすることが大切です。

たとえば、歯磨き。子どものころ、歯磨きをする習慣はなかったと思います。しかし、お母さんにある時間になると、毎日歯磨きをしてもらい、いつの間にかあたりまえのようにしてしまいます。

新しい習慣(プラン)を続けようと思ったら、何度も何度も繰り返し思い出すしかありません。しかし、意識的にするのは難しく、忙しいと忘れてしまうことさえあります。

そこで私がした工夫は、以下の写真のようにチャックシートを壁に貼ったり、洗面所の鏡に目標体重を書いた紙を貼ったりして、無意識に刷り込むようにしました。

ポイントは、自分が移動する動線上に貼っておきます。
たとえば、食卓やテレビの枠、トイレやお風呂のドアなどがおすすめです(ちなみにこの写真はお風呂のドアです)。

そこにいけば目につくので、それだけで意識するタイミング増えていき、いつの間にか何をするでもなく思い出すことができるようになります。

おわりに

意志が弱くても、アイデアや工夫次第で続けられるようになります。

お風呂に入ることも、毎日洗面所で顔を洗うのも、すべてこれまで続けられたことなので、そういったことをダイエットにあててみるとうまく続けられるようになると思います。

ぜひ、いろいろ試行錯誤しながら続けてダイエットに成功してください。

\ SNSでシェアしよう! /

リザルトダイエット|もうリバウンドしたくない人のためのサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

リザルトダイエット|もうリバウンドしたくない人のためのサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コーチ紹介 コーチ一覧

森本 雄太

森本 雄太

看護師、リバウンドゼロの専門家。看護師時代にストレスによる生活習慣の乱れから激太り。「メタボなおっさんになりたくない!」という一心でダイエットを開始。総額100万円分のダイエットを試すが挫折。「リバウンドするダイエットは意味がない」と気づき、試行錯誤のすえ、2ヶ月で10キロのダイエットに成功。現在は、カラダの仕組みと個々のライフスタイルを重視したダイエットプログラムを提供している。

この記事と一緒によく読まれる記事  記事一覧

  • NO IMAGE

    保護中: ダイエットしても痩せないし一日おかしを食べただけ太ってしまいます。どうしたらいいですか?

  • NO IMAGE

    保護中: 羨ましい!食べても太らないカラダは今日からつくれます

  • NO IMAGE

    糖質制限中の人は1日どれぐらいの糖質量に抑えているのでしょうか?

  • NO IMAGE

    飽き性でめんどくさがり屋な人のためのダイエット|たった2分でも痩せた方法もご紹介

あなたにおすすめの記事

  • 30代の女性です。どうしても痩せたいんですがズボラでダイエットが続きません。

  • 運動したくないけど痩せたい人にオススメのダイエット5つ

  • 痩せたいって思う気持ちを保つためにはどうすればいいですか?

  • 痩せたいのに意志が弱くて食欲に負けてしまう人のダイエット術

  • ダイエットってどんな決意で、どれくらいの意志の強さが必要なんでしょうか?

  • 【保存版】痩せたいのに痩せないのはなぜ?原因8つと解決策

Top