1. TOP
  2. プロフィール

プロフィール

はじめまして、森本雄太と申します。

この度は、『ダイエット成功の秘訣をまとめたメディアサイト“リザルトダイエット”』へ訪れていただきありがとうございます。

ここでは、私の自己紹介や実績・経歴など、あなたにお伝えしたいことを記載させていただきます。

160516_プロフィールcut

パーソナルコーチ/看護師

◆実は私もダイエットに失敗し続けていました

現在、目標達成や自己実現のコーチングを活用して、クライアントさんが自分らしく自然体で理想の人生を過ごすためのお手伝いをしています。 

特にダイエットでは、クライアントさんの実績として3ヶ月で8~15kgのダイエットに成功されています(実際のグラフ)。

今はダイエットのサポートをしていますが、実は私も29歳のときに仕事のストレスで人生最大の体重(173cm・78kg)になり、ダイエットに失敗し続けていたうちの1人です。

カロリー制限などの食事制限に始まり、ダイエット系のサプリメントやドリンク、当時流行っていたビリーズブートキャンプやランニングなどもしましたが、痩せないし続かないしどうしたものかと途方にくれていました。

もう1人では無理だと思った私は、某ジムに通いトレーナーをつけて2ヶ月で7キロ落としました。しかし、その2ヶ月後にリバウンド。きっとダイエットはできないんだとあきらめていました。100万円以上はかけたと思います。

そんなとき、学んでいた目標達成のコーチングを自分自身のダイエットに活用してみました。

◆2ヶ月で10キロのダイエット成功!

コーチングで私のダイエットは終わりました。
心とカラダの両面からリセットし、2ヶ月で10キロのダイエットに成功しました。

それを間近でみていた医師や看護師たちから「ダイエットを教えてほしい!」と声がかかり、コーチングしたところ全員が2ヶ月で5~12キロのダイエットに成功したのです(このダイエット法を期間限定でプレゼント中)。

 サポートを受けられた方からは、「今までのダイエットは何だったの?というぐらい楽でした」「無理なくストレスなく自然体で痩せることができました」などの評価を受けています。もちろんリバウンドはしていません。

 私のサポートであなたのダイエットは終わります。その理由は?

◆リバウンドするダイエットを撲滅したい

この世の中にはいろんなダイエット法がありますが、痩せることだけを目的としたものが多く、リバウンド予防の視点でサポートしてくれるところはほとんどありません。

私自身やクライアントさんの経験を聞くたびに、「リバウンドするダイエットは意味がない!」という想いが強くなり、その人のライフスタイルを最優先に考えて、心とカラダを整えながら自然体で成果が得られるサポートをしています。

繰り返しになりますが、リバウンドするダイエットだけは決してしないようにしてください。あなたが自然体でリバウンドしないダイエットができる方法は必ずあります。

以下には、もう少し詳しく私の経歴などをまとめました。

◆私について

氏名:森本雄太
生年月日:1982年(昭和57年)12月23日
出身:大阪

資格
  • 看護師(感染管理認定看護師)
  • ITA認定マスターNLPプラクティショナー
  • 臨床分子栄養医学研究会認定カウンセラー
主な活動
  • パーソナルコーチング(目標達成・ダイエット・職場のストレス)
  • セミナー開催(大阪市内)
  • 看護師対象勉強会
サポートで大切にしていること
  • リバウンドするダイエットはさせない
  • あなたの大切なカラダ・お金・時間(人生)を無駄にしないこと
  • 心とカラダのバランスを保つ、自然体でダイエットすること
経歴

2004年4月 看護専門学校を卒業後、手術室に配属となる
2010年7月 認定看護師資格取得。院内の感染管理に係わる
2014年4月 外科病棟へ異動
2015年6月 手術室・感染管理室へ異動
2016年4月 現在に至る

s_OM用プロフィール

※写真の説明
ひだり:心臓血管外科の手術中
中央:市民公開講座「冬の感染症と正しい予防法」
みぎ:院内感染対策ラウンド

お客様から見た「私」
  • 話を丁寧に聞いてくれる優しい人
  • 親しみやすい
  • 目標に向かって丁寧にサポートしてくれる
  • 信用信頼できる
  • 自分では気づかないところを気づかせてくれる
  • 尊敬できる人
  • きっかけをくれる。背中を押してくれる人
  • 真面目すぎておもしろい
  • 話を聞いているだけで前向きな気持ちになれる
  • 目標に対して行動力がある など
将来の夢

インターネットを使って国境関係なく、世界中の人たちを健康で前向きな、自分らしい人生を送れるようにサポートすることが目標

最後まで読んでくださってありがとうございました。