1. TOP
  2. 乾燥肌も治る!糖質制限ダイエットで避けられるダメージ7つ

乾燥肌も治る!糖質制限ダイエットで避けられるダメージ7つ

 2016/03/05 その他の秘訣 この記事は約 5 分で読めます。 1,308 Views

肌の細胞が生まれ変わるのは、約28日かかるという事実を知っていますか?

乾燥肌や化粧のノリが悪いなどのいろんな肌トラブルがありますが、その原因の1つは砂糖の過剰摂取です。

砂糖によって肌細胞の糖化が起こると、弾力性を失ってガサガサになってしまいます。
(詳しくは『スキンケアだけでは対処できない!肌を老化させる3大要因』をご覧下さい。

しかし、砂糖の影響は肌だけではありません。

脳や消化管、あなたの心にまでもダメージを与えることがわかっています。

今回は砂糖が与えるカラダへのダメージをまとめると同時に、どのような砂糖を摂るべきなのかをご紹介したいと思います。

将来の自分のために、今日から少しずつ砂糖を控えるようにしましょう。

 

1.砂糖について

fc1679b1c3d56bf6f9aa15d67948ae02_s

砂糖はお菓子や加工食品など、いろんな食べ物に含まれています。

ご飯やパン・麺類(小麦製品)などの炭水化物も砂糖です。

  • ブドウ糖
  • 果糖
  • ショ糖
  • 乳糖
  • 三温糖
  • はちみつ など

最近は砂糖が及ぼす健康被害を避けるために、異性化糖(人工的に作られた甘味料)が使われた健康食品・ダイエット食品が販売されています。

  • アスパルテーム
  • アススルファムカリウム
  • スクラロース
  • 果糖ブドウ糖液糖 など

特に人工甘味料はナチュラルなものではなく、すべて粗悪な砂糖です。

これらを過剰摂取することでカラダにどのような悪影響を及ぼすのかみていきましょう。

2.砂糖で代謝が低下する

s_Dollarphotoclub_90599996

砂糖は消化しにくい栄養素の1つ。

消化するためには大量のビタミンやミネラル・酵素が必要です。

消化するための酵素は代謝酵素からつくられ、ビタミンやミネラルは代謝酵素の働きを補助していますが、砂糖を摂るとその両方ができなくなります。

特に上白糖のような精製された砂糖はNGです。

なるべく「黒糖」や「きび糖」など、精製前の砂糖を少量摂るようにしましょう。

3.腸内環境を破壊する

s_Dollarphotoclub_74430853

砂糖で腸内細菌のバランスが崩れます。

腸内環境を整えることでアンチエイジング効果が得られたり、うつ病やがん細胞の抑制にもなることが最近の研究でわかっています。

それらの機能を高めるのが腸内細菌のバランス。

乳酸菌などの「善玉菌」と、大腸菌やカンジダなどの「悪玉菌」がバランスを取っているからこそ得られます。

しかし、砂糖(特に人工甘味料)に弱く、過剰摂取しすぎると善玉菌が死滅し、悪玉菌が生き残りカラダに弊害をもたらします

その結果、肌はガサガサで体調不良になりやすく、仕事をする気力すら失ってしまいます。

腸内環境を整えるために、人工甘味料の摂取は制限したいところです。

4.脳に与える影響「思考」

s_Dollarphotoclub_67351449

やる気がなかったり、イライラするのは砂糖の影響かもしれません。

空腹時に砂糖たっぷりのお菓子や甘いジュースなどを摂取すると、急激な血糖値の上昇が起こります。

急激な血糖値の上昇は、細胞の破壊や老化を促進させる物質(AGEs)の生成に関係し、糖尿病や高脂血症を招く危険性があります。

それを避けるために、インスリンという血糖値を下げるホルモンを分泌されます。

すると次は血糖値の急激な低下が起こり、激しい血糖値の変動が起こります。

この血糖値のアップダウンによって集中力が低下したり、気持ちが不安定になることもあるのです。

これが「うつ病」の引き金になったりもしますので注意しましょう。

5.脳に与える影響「中毒性」

warning-sign-655244_640

お腹が空いていないのに甘い物が欲しくなるのは、砂糖の中毒です。

砂糖は脳内の快楽ホルモンである「ドーパミン」の分泌を促し、「もっと欲しい!」という気持ちにさせてしまいます。

しかもこの働きは、空腹時に起こりやすいと言われています。

空腹と甘い物の摂取を繰り返していると、カラダは無意識に快楽を得たいと働きかけ、甘い物を摂らせようと脳をだまします。

これが砂糖が脳に与えるもっとも恐ろしい中毒性となります。

普段から砂糖の摂り過ぎには注意しましょう。

時々甘い物を摂取しても問題ありません。

バランスをみて自己管理することが大切です。

6.アレルギー性皮膚炎・アドピーの危険性

s_Dollarphotoclub_94487599

砂糖の摂りすぎは老化促進物質(AGEs)を増加させ、細胞の糖化が起こります。

その結果、肌のコラーゲンが硬くなり、弾力性(ハリ)がなって黒ずんできます

糖尿病の患者さんの肌が黒ずんでいたり、ガサガサなのはこれが理由。

さらにはアレルギー性皮膚炎やアトピーの発症にもつながります。

一度老化して硬くなったコラーゲンを元に戻そうと思ったら、コラーゲン自体を入れ替える必要があり、かなりの日数がかかります。

今すぐ砂糖の摂取量に気を遣いましょう。

7.生理痛が悪化

68817fb7aaa70885887253c56707c70a_s

甘い物を食べると「ドーパミン」に加え、「エンドルフィン」という快楽ホルモンも分泌されます。

生理前にはホルモンバランスが崩れることで、イライラや不安感が増すため、甘い物で抑えたくなるのですが、より悪循環となります。

特に砂糖を分解するためにはビタミンやミネラルが必要ですが、これらは女性ホルモンのバランスを整えるのにも関係しているため、砂糖の摂取は控えたいところ。

ホルモンのバランスが崩れることで、頭痛や生理痛が増強します。

生理前は甘い物以外のものでリラックスをするか、ビタミンやミネラルの多い未精製のものを少量使うようにしましょう。

おわりに|摂るべき砂糖とは?

沖縄の恵み糖

上の写真は私がスーパーで購入してきたものです。

ビタミンは含まれていませんが、ミネラル分が多いということで購入しました。

以下のデータは、商品パッケージに記載している内容と電話で問い合せた内容です。

栄養成分10gあたり(スプーン1杯程度に改変)

  • エネルギー:3.92kcal
  • たんぱく質:0g
  • 脂質:0g
  • 炭水化物:0.98g
  • ナトリウム:0.05~0.4mg
  • カルシウム:1.36mg
  • カリウム:2.48mg
  • マグネシウム:0.18mg
  • 鉄:0.05mg

(出典:『三井製糖』)

おすすめの天然甘味料として

  • きび糖(黒糖)
  • 和三盆
  • ハチミツ(天然物に限る)
  • メープルシロップ(天然物に限る)
  • 羅漢果糖(らかんか)
  • ステビア
  • オリゴ糖 など

基本的にナチュラルな砂糖を選ぶことと、少量に抑えることが大切です。

WHO(世界保健機関)では、2014年3月5日に成人が摂取する砂糖の量を「1日25g以下」に制限することを勧めています。(糖尿病などの生活習慣病やがんを予防するため)

現代人は1日に60~90gの砂糖を摂取していると言われており、約2/3をカットしなければなりません。

普段から食品に含まれている砂糖に注意し、なるべく摂らなくて大丈夫な生活づくりを目指しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

リザルトダイエット(Result Diet)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

リザルトダイエット(Result Diet)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

森本 雄太

森本 雄太

ストレスなく3ヶ月で平均10キロのダイエットの成功に導いているコーチ。看護師12年の経験をもとに、コーチングスキルと分子栄養学の知識を合わせ、その人のカラダと心に合わせたダイエットプログラムを提供している。ダイエットが行き詰っている真の問題点を突き止めるので、痩せてもリバウンドする心配がなくなったという声が多数ある。クライアントには、医師・看護師などの医療者を中心に、産後ママやOLなど。特に、30~40代の女性から定評がある。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 痩せている人がコッソリ実践!ダイエットの目標設定術と具体例

  • 知らないと便秘が悪化!菌活生活の効果を高める食品の選び方

  • レコーディングダイエット|成功の決め手は3つの項目を書くだけ

  • ダイエットが続かない人の理由と成功するための方法を公開

おすすめ記事

  • 抗酸化物質|ファイトケミカルのアンチエイジング効果5つ

  • 忘年会は幹事になれば太らない!こっそりダイエットをする秘訣3つ

  • スキンケアだけでは対処できない!肌を老化させる3大要因

  • 食べ過ぎは脳が原因だった?ダイエットで痩せる脳の作り方8つ

  • ダイエット未経験!自分磨きができるスリムな人のマナー術7つ

  • コンビニダイエットの罠|カット野菜サラダの危険性と対処法