その他の秘訣

ダイエット中に食べ過ぎても翌日に必ずしておく3つのこと

 

1.怖がらずに体重をはかろう!

s_Dollarphotoclub_66573043

食べた分だけ体重は増えるもの。

食べ過ぎたときは「増えて当然」と認識しおきましょう。

時によっては1~2kg増えていることもあります。

でも翌日からアフターケアをすれば、意外とすぐに体重は元に戻ります。

体重は量るものであって、気にするものではありません。

食べ過ぎたら当然体重は増えていますので、怖がらずに体重計に乗りましょう。

またどれぐらいの量を食べてどれぐらい増えたのかを観察しておくことも、今後のプランに活用できそうですね。

2.フルーツと野菜でデトックスしよう!

s_Dollarphotoclub_80424161

食べ過ぎた翌日は消化管が疲れているので、優しい食事内容に切り替えましょう。

前日の夕食を食べ過ぎたのであれば、翌朝は食べないか水分の多いフルーツのみの朝食で十分です。

逆にヨーグルトやご飯やパンなどを食べると、余計に負担を与えるだけ。

朝の消化管の働きが弱まっている状態では効率よく消化ができません。

食べ過ぎた翌日はデトックスを意識して、フルーツや野菜など消化管の負担にならないようなメニューで過ごすのがオススメです。

3.いつも通りのプランを続けよう!

s_Dollarphotoclub_33958194

増えた分を早く減らしたい気持ちもわかりますが、ついつい過剰に運動したくなりますよね?

無理をするとストレスになって悪循環です。

急いで体重を減らすメリットなんてありませんし、すぐに減るものではありません。

のんびりといつも通りのプランを心がけておく方がカラダは元に戻ります。

食事でも運動でもあなたが決めたプランを守りぬくことが大切です。

おわりに|食べ過ぎてしまうことは当然

食べ過ぎてしまうことはダイエット中に限らず、これからの生活でも起こり得ること。

私を含めダイエットコーチングサポートを受けられたクライアントさんも、サポート期間中に食べ過ぎてしまうことはあります。

ダイエットに成功したあとでも食べ過ぎてしまうことはあります。

だから食べ過ぎても、いかに早く生活のペースを取り戻せるかがダイエット成功のカギ。

適切な対処法を知っておくことが大切です。

いつもダイエット中の食べ過ぎで挫折を繰り返している方へ

食べ過ぎの対処法を知ったしても、実際に行動できるとは限りません。

行動にできるできないというよりも、「行動しない」

これが言葉としては正しいでしょう。

行動しない原因にはいくつかの要因がありますが、その原因を特定して楽にできるようにすることがダイエットコーチングサポートの体験セッションで体験することができます。

売り込みなどは一切致しませんので、もしご興味がありましたらお気軽にご連絡ください。

体験コーチングのお申し込みはこちら

ABOUT ME
森本 雄太
森本 雄太
看護師/分子栄養カウンセラー 自身のダイエット経験から「リバウンドするダイエットは意味がない」「万人に合うダイエット法はない」を信念にサポートしています。個人のなりたい姿、バックグラウンド、ライフスタイル、嗜好に応じて、クライアントに最適なダイエットプログラムをつくり、潜在意識を活用して無理なく続けられるサポートを心がけています。