無理なく続ける工夫

ダイエットの成功者がしている失敗しない目標設定法4ステップ

 

1.やせたい理由を明確にする

s_Dollarphotoclub_70326804

あなたがダイエットしたい理由はなんですか?

・体重を測ったら、見たこともない数字だったから
・友達に「最近太った?」と言われたから

・お気に入りの服が入らなくなってショックだったから
・健康診断で、このままでは病気になると言われたから

など、どんな理由でもかまいません。

「なんとなく周りがやっているから」という理由だと、途中でダイエットをする目的を見失ってやめてしまいます。

「ダイエットをする!」と決めた理由を明確にすることが、成功への一歩です!

2.ダイエットに失敗した自分をイメージする

s_Dollarphotoclub_50755173

もしダイエットをしなかった場合、あなたにどのような結果が待っているでしょうか?

・どんどん太って今までみたこともない体重になっている
・持っている服がどれもきつくて入らない
・友達から「太ったね」と苦笑いで指摘される

など、とても悲しく辛いことをイメージされたかもしれませんが、イメージ通りにならないように行動する力があなたにはあります。

僕たち人間のすべての行動には、「苦痛を避けるため」と「喜びを得るため」の2つの理由があります。

これをダイエットに置き換えると、“ダイエットをする”という行動には、『太っている“苦痛”から抜け出し、痩せてキレイになって“喜び”を手にする』という2つの理由があります。

だからあなたが現実に直面している“苦痛”や、イメージした悔しさ・ショック・いやだ!という気持ちを決して忘れないこと。

これがあなたのダイエットを成功に導く原動力に変わります!

3.ダイエットに成功した自分をイメージする

s_Dollarphotoclub_73121781

あなたがダイエットに成功したら、どんな嬉しいことが待っていますか?

・憧れの理想の体重になる!
・細くないと着れない服が、可愛く着こなせる!
・お気に入りのスキニーパンツが履ける!
・周りから「やせたね!」と言われる!
・何事にも自信をもって明るく過ごしている!

など、成功したときのイメージを持つことで、ワクワクした気持ちでダイエットができます。

成功のイメージをつくるコツは、1〜2週間後の近い将来に達成したいイメージと、最終的に達成したいイメージの2つをつくること!

長期的な目標だけで取り組んでいると、途中モチベーションが下がってそのままやめてしまうこともありますが、1~2週間後の近いイメージを持っておくと、達成感も得られるのでモチベーションを維持しながら続けることができます。

成功したときのイメージを短期間で感じながらダイエットをしていると、前向きな気持ちストレスなくダイエットをすることができますよ。

4.イメージは紙に書き出す

s_Dollarphotoclub_70326785

最後にSTEP1~3で考えたことを、すべて紙に書き出しましょう。

書き出す事で、遥かに記憶に残りやすくなります。

またダイエット中、誘惑があって負けてしまいそうな時や、ダイエット中にモチベーションが下がってしまった時など、たまに読み直す事もできます。

書き出した紙は、カレンダーや手帳・鏡など毎日よく目にする場所に貼り付けておくと効果的ですよ。

さいごに・・・

ダイエットをしている人で体重だけを目標にしている人をたくさんみてきましたが、みなさんなかなか減らない体重に悩まされていることがよくわかりました。

確かにダイエットの成果をみるのに、体重は必須だと思います。

しかし体重ばかりに執着していると、ストレスばかりが溜まりますので、今回の記事を読んで体重以外の目標をつくってくださいね。

「1週間後、続けられていることに自信を持っている」「ちょっとズボンが履きやすくなっている」「ランニングの距離が1km伸びている」など、いろんな視点から目標を立ててみましょう!

ABOUT ME
森本 雄太
森本 雄太
看護師/分子栄養カウンセラー 自身のダイエット経験から「リバウンドするダイエットは意味がない」「万人に合うダイエット法はない」を信念にサポートしています。個人のなりたい姿、バックグラウンド、ライフスタイル、嗜好に応じて、クライアントに最適なダイエットプログラムをつくり、潜在意識を活用して無理なく続けられるサポートを心がけています。