1. TOP
  2. 寝てるのに太る?ダイエット中の間違いだらけの睡眠習慣4つ

寝てるのに太る?ダイエット中の間違いだらけの睡眠習慣4つ

 2015/10/16 生活習慣の秘訣 この記事は約 4 分で読めます。 1,585 Views

あなたは最近、よく寝ているのに寝不足になっていませんか?
食事制限しているのに痩せないと悩んでいませんか?

これらは「睡眠の質が悪い」ことが原因。

つまり、睡眠の質を改善すれば解消する可能性があります。

そこでおすすめしたいのが「就寝前の習慣」を見直すこと。

なぜなら就寝前の習慣を見直すことで、睡眠の質がアップするからです。

反対に就寝前の習慣が悪いと寝不足になるだけでなく、痩せにくくしてしまっている可能性もあります。

今回は、寝ても太る体質になる就寝前の習慣についてご紹介します。

ダイエットの成功には、生活習慣の見直すことも大切ですよ^^

 

1.3時間以内の食事

960dd092eee418f2d396d691db1651e1_s

睡眠中は空腹にしないと「新陳代謝」が活性化せず、太りやすい体質になります。

新陳代謝とは使い古した栄養素や古い細胞などを入れ替えることですが、スムーズに行えないとそれらがカラダに蓄積します。

睡眠中に消化し続けているとカラダは新陳代謝を行うことができません。

夕食が遅くなったり就寝前にお菓子などを食べたりすると、翌朝お腹が張っていたり不快感を感じた経験があると思いますが、それは睡眠中にも消化をし続けていた証拠。

その日は1日中やる気が出なかったり、疲労感が回復しなかったりするのは新陳代謝が不十分だったせいです。

新陳代謝を高めるためにも、食事は寝る3時間前までに終えましょう。

早めの夕食と夕食後に小腹が空いても食べないように心がけることが大切です。

どうしても空腹感が強くて眠れないという方は、寝る直前に白湯・温かいお茶をゆっくりと飲みましょう。

2.ブルーライトを浴びる

s_Dollarphotoclub_49719002

ブルーライトを浴びると睡眠の質が悪くなり、新陳代謝が活発になる深い睡眠に入りにくくなります。

ブルーライトとはテレビやスマホなどの画面から出ている光のことで、就寝前に浴びると睡眠物質のメラトニンの分泌を抑えて眠りを妨げますj。

メラトニンとは・・・?「睡眠ホルモン」とも呼ばれ体内時計に働きかけ、睡眠と覚醒を切り替えて自然な眠りを誘う作用があります。

もう1つは脳を興奮させてしまい、眠気を感じなくさせてしまいます。

ブルーライトをみたあとに眠ろうと思っても、中々寝付けなかったり眠りについたときしても浅い睡眠に・・・。

この習慣を積み重ねるとダイエットの効果も激減し、太りやすい体質なりますよ。

テレビやスマホなどは、寝る1時間前にはやめることをおすすめします。

3.部屋の電気をつけて寝る

861c121bbac6a3d0376180832a6e955a_s

電気をつけたまま寝ると睡眠の質を下げ、新陳代謝が不十分な働きになってしまいます。

例え豆球程度の明かりでも瞼(まぶた)から入る光によって、体内リズムの乱れやメラトニンが減少し睡眠の質が悪化します。

睡眠の質が悪くなるだけでなく、ダイエットの天敵である食欲を増進させるホルモン(コルチゾール)が増加し、食欲を抑えるホルモン(セロトニン)を低下するという過酷な状況に・・・。

本研究は528人の高齢者の自宅寝室に設置した照度センサーで測定した夜間曝露照度が平均3ルクス以上の群(中央値:8.7ルクス)で平均3ルクス未満の群と比べ、肥満症や脂質異常症の有病割合が1.9倍であることを認めました。

出典:『夜間の豆電球使用が肥満・脂質異常症のリスクになる可能性を示唆

ただ単に太ってしまうだけならいいのですが、高い割合で肥満症や脂質異常症といった病気を発症する可能性がありますので注意が必要です。

太る体質にならないためにも睡眠中は、必ず真っ暗にして寝るようにしましょう。

4.寝床に入ってゴロゴロしている

baf0bbe262078875eaf03bf24659eb3e_s

寝床にいる時間をかけても睡眠の質は悪化します。

カラダは寝床に入れがいるほど疲れてしまって眠りが浅くなり、夜中に目覚めやすく朝の目覚めもスッキリしないので、翌日の体調にも影響が出てきます。

「早く寝た方がダイエットにも美容にもいい!」と思っていきなり早く寝ようと寝床についても眠れるものではありません。

逆に焦りと寝付けない不安で、睡眠を妨げることにつながる危険性が・・・。

眠気を感じたときに布団に入って、何もせずに眠りにつくという習慣を身につけましょう。

おわりに|睡眠から始めるダイエット

ダイエット中は絶対避けて欲しい4つの習慣を紹介しましたが、あなたはいくつ当てはまりましたか?

就寝前の習慣を改善して睡眠の質をあげることで、翌日の眠気や疲れ・体質改善などの効果があります。

ダイエット中ならぜひ睡眠の質をあげることにも注目して、できるところから始めましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

リザルトダイエット(Result Diet)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

リザルトダイエット(Result Diet)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

森本 雄太

森本 雄太

ストレスなく3ヶ月で平均10キロのダイエットの成功に導いているコーチ。看護師12年の経験をもとに、コーチングスキルと分子栄養学の知識を合わせ、その人のカラダと心に合わせたダイエットプログラムを提供している。ダイエットが行き詰っている真の問題点を突き止めるので、痩せてもリバウンドする心配がなくなったという声が多数ある。クライアントには、医師・看護師などの医療者を中心に、産後ママやOLなど。特に、30~40代の女性から定評がある。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 痩せている人がコッソリ実践!ダイエットの目標設定術と具体例

  • 知らないと便秘が悪化!菌活生活の効果を高める食品の選び方

  • レコーディングダイエット|成功の決め手は3つの項目を書くだけ

  • ダイエットが続かない人の理由と成功するための方法を公開

おすすめ記事

  • すぐマネしよう!スリム美人に学ぶダイエット中の習慣7つ

  • ダイエットを成功させている人がやっている週末の習慣7つ

  • 体内時計が狂う?ダイエット力を高める休日の睡眠リズム7つ

  • いつまでもダイエットに失敗する人している太る習慣4つ

  • ダイエットを生活改善の方法として取り組むメリット5つ

  • 即実践したい!ダイエットに効果的なお風呂の入り方と注意点4つ