1. TOP
  2. ダイエットを生活改善の方法として取り組むメリット5つ

ダイエットを生活改善の方法として取り組むメリット5つ

 2015/10/01 生活習慣の秘訣 この記事は約 4 分で読めます。 613 Views

ダイエット中、途中でストレスになってやめていませんか?
もしくは、ダイエットとリバウンドを繰り返していませんか?

これは全部、やっているダイエットがあなたの生活習慣との差が大きく空きすぎている証拠。

つまり、この差を埋めることができればストレスを少なくダイエットすることができます。

そこでオススメしたいのが、ダイエットを「生活の一部」として考えること。

「生活」とは、あなたが当たり前のようにやっていることなので、ダイエットも当たり前にできるレベルに「生活の一部」として落とし込むことで、ダイエットが成功する確率がグーンと高まります。

今回は、ダイエットを生活の一部として取り組めば、どんなメリットがあるのかをご紹介します。

 

1.自然と楽に痩せる

s_Dollarphotoclub_73082775

ダイエットが「当たり前」になれば、ストレスなく自然にダイエットができるようになります。

当たり前とは例えばこんなこと・・・

・歯を磨くとき、どこから磨きますか?
・靴を履くとき、左右どちらから履きますか?

いつも頭で考えることなく自然にやっていること

これが「当たり前」の生活習慣です。

ダイエットというと、「激しい運動や厳しい食制限をする」などといったイメージがありますが、これらは必要ありません。

あなたが今まで自然と太ってしまった「太る習慣」を見直して、「痩せる習慣」を身につければいいだけのこと。

習慣を変える具体的な方法は『三日坊主でもできる!ダイエットの成功習慣をつくる方法5つ』をご覧下さい。

1週間試すだけで自分の生活を見直すことができますよ。

2.リバウンドがなくなる

s_Dollarphotoclub_73390828

「太る習慣」から「痩せる習慣」に1つずつ変えていけば、リバウンドの可能性は少なくなります。

ほとんどの人はこのように考えます。

「痩せるまで、食事を制限する」
「痩せるまで、ジョギングする」
「痩せるまで、お菓子を我慢する」

これらを聞いた私の心の中・・・
「(痩せたら元通りの習慣に戻すってわけね。残念だけどリバウンドするな。きっと)」

「痩せるまで」という言葉には、「痩せたら元通りの太る習慣に戻す」という意味が隠されています。

つまりリバウンドすることを前提に、ダイエットに取り組むことを宣言しているのと同じ

リバウンドしないために、始める前にダイエットを「生活の一部」として、継続できる形にすることが大切です。

3.カラダの不調がなくなる

s_Dollarphotoclub_56368404

ダイエットを「生活の一部」として取り組むと、カラダの軽さや疲労感・便秘や代謝などが改善します。

その理由は、生活自体が変わるから。

生活と言えば、食事や運動・入浴・睡眠・娯楽・過ごし方など暮らすことすべてを言います。

普通のダイエットでは今の生活習慣にダイエットを取り入れるだけなので、生活自体はあまり変化しませんが、もしあなたがカラダの不調(疲労感や寝不足など)を感じているのであれば、ダイエットを「生活の一部」として生活を見直すことで改善させることもたくさんあります。

今からダイエットを「生活の一部」として取り組んで、不調のないスッキリした生活を送りましょう。

4.病気の予防になる

s_Dollarphotoclub_33958194

生活習慣によって作られる病気といれば、「生活習慣病」というものがあります。

生活習慣病とは、動脈効果・高血圧・悪性主要・糖尿病。肺気腫や骨の退行性変化など、壮年期以後好発する病気の総称。
出典:広辞苑

「壮年期」とは、一般的に31歳から44歳までの年代を指すことがありますが、生活習慣病がこのときの習慣によって発症するわけではありません。

20代(場合によっては10代)の時から培ってきた生活習慣によって発症する病気です。

まだ20代だからといって安心してはいけません。

40~50代だからといって諦めるのは早いです。

ダイエットをきっかけにして、生活習慣病を予防するために「生活の一部」を変えて、スリムで健康的な生活習慣をつくりましょう。

5.もうダイエットしなくていい

s_Dollarphotoclub_55521542

ダイエットが「生活の一部化」してしまえば、ダイエットをすることについて考える必要性がなくなります。

1度考えてみてください。

今まで「食べ過ぎた」「太ってしまった」と言って、どんなダイエットをどうやってやろうかなどを考えてきたと思います。

ダイエットが「生活の一部化」してしまえば自然とダイエット習慣が身についているので、ダイエットのことを考えなくてもいい未来が待っています。

病的な理由がない限り、太る心配はありません。

ダイエットについて考えていた時間が、別のあなたのためになる時間を確保することができます。

もう二度とダイエットをすることがないように、ダイエットを「生活の一部」として考え行きましょう!

おわりに|「生活の一部」を見直す方法

あなたも「生活の一部」としてダイエットを取り入れてみませんか?

私がお伝えしたいのは「苦しいダイエット」ではなく、「スリムでカラダの中から健康になるダイエット」を生活の一部にしましょうということです。

まずはこちらの記事、『三日坊主でもできる!ダイエットの成功習慣をつくる方法5つ』を1週間試してみてください。

今までの「太る習慣」から「スリムで健康的に痩せる習慣」をつくって、理想のカラダをつくりましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

リザルトダイエット(Result Diet)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

リザルトダイエット(Result Diet)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

森本 雄太

森本 雄太

ストレスなく3ヶ月で平均10キロのダイエットの成功に導いているコーチ。看護師12年の経験をもとに、コーチングスキルと分子栄養学の知識を合わせ、その人のカラダと心に合わせたダイエットプログラムを提供している。ダイエットが行き詰っている真の問題点を突き止めるので、痩せてもリバウンドする心配がなくなったという声が多数ある。クライアントには、医師・看護師などの医療者を中心に、産後ママやOLなど。特に、30~40代の女性から定評がある。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 痩せている人がコッソリ実践!ダイエットの目標設定術と具体例

  • 知らないと便秘が悪化!菌活生活の効果を高める食品の選び方

  • レコーディングダイエット|成功の決め手は3つの項目を書くだけ

  • ダイエットが続かない人の理由と成功するための方法を公開

おすすめ記事

  • NO IMAGE

    ダイエットのストレス解消法|成功者がしていた方法3つ

  • 寝てるのに太る?ダイエット中の間違いだらけの睡眠習慣4つ

  • 意外な冷え性の原因|無意識に体の冷やしていた生活習慣6つ

  • 即実践したい!ダイエットに効果的なお風呂の入り方と注意点4つ

  • ダイエット成功者が休日も欠かさず行う朝習慣の過ごし方7つ

  • ダイエットを成功させている人がやっている週末の習慣7つ